京都は「気楽に入れる店がない」残念な外食事情

昔ながらの「ぼったくり商法」もう見直す時期

京都に住んでわかった残念な外食事情とは?(写真:filadendron/iStock)
京都造形芸術大学から教授の誘いが来たことがきっかけで、中心部である中京区に暮らすことになった元『小説新潮』編集長の校條剛氏。彼が物足りなさを感じた「京都の外食事情」とは? 新書『にわか<京都人>宣言』から一部抜粋・再構成してお届けする。

ここでお話しする「外食」というのは、特別のご馳走ではなく、自宅以外で食べる普段の食事の意味である。さらに詳しく規定すると、酒を飲むための食事ではなく、たとえば子供連れの家族がする食事の意味である。

私のような糖尿病持ちの人間が、自宅以外で食事する、つまり外食することは、どの地域でも簡単ではない。京都のみならず、東京でも事情はさほど変わらない。それでもやはり、東京のほうが京都よりも選びようがあるというのが、私の印象であった。

大学勤務の初年度は、東京からの通いだった。京都にいるときは、当然ホテル暮らしであり、自分の家で家庭料理を味わっているわけではなく、私が食べているものは、ほとんど誰か他人が作った料理、つまり外食あるいはスーパーやコンビニで購入する中食なのだった。

京都は「普段食べに適していない町」

最初に断定すると、京都、特に中心部は、普段食べには適していない町だ。繁華な通りにある店のほとんどは観光客に顔を向けている。試しに四条河原町から木屋町筋や先斗町筋、または新京極や寺町通をぶらついてみるといい。定食屋や気軽な中華屋が目につくことはまずないだろう。観光客がただ目的もなく歩き回っても、そういった気楽な店に遭遇するのは難しい。

京都に外食チェーンが進出していないわけではない。「なか卯」というどんぶり専門のチェーンは、中心地を外れると結構目につく。どんぶりチェーンでは、ほかに「すき家」も多い。学生街や中心部からちょっと離れた地域で見かけることが多い。同じ牛丼でも、「吉野家」は京大のある百万遍でしか見たことがない。調べてみたが、やはり基本的に、周縁部にしか出店していない。

次ページ京都には「日高屋」がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT