心機一転で選ぶ!"プロ"が全力で推す手帳4選

非常時だからこそ「手帳の力」に頼りたい

”手帳の達人”がすすめる手帳とは?写真は和気文具・今田里美さんの私物の手帳(撮影:今井康一)

新型コロナウイルスによる世界的パニック。在宅勤務になったり、変則的な出勤になったり、これまでとは違った生活に戸惑う人も少なくないだろう。

こういうときこそうまく使いこなしたいのが、手帳だ。メモやスケジュール管理のアプリは大変便利だが、パッと開いてすぐ確認できる一覧性や、自分仕様にカスタマイズして使える楽しさでは、手帳に軍配が上がる。

気持ちが落ち込みがちなときに、日々のあれこれを書くことで、気分が落ち着くという効果もあるだろう。

そこでおすすめの手帳と活用法について、和気文具の今田里美さんに聞いてみた。こんなときだからこそ、身近なグッズで気分を上げていきたい。

「手帳じゃないとダメ」な5つの理由とは?

和気文具は関西にある文房具店。インスタグラムで一躍、全国区となった。4年前に始めたインスタは、今やフォロワー数は14万人以上にのぼる。

フォロワー多数、和気文具のインスタグラム(写真:和気文具のインスタグラムより)

その発信者が、和気文具でアートディレクターを務める今田里美さんだ。インスタ人気から初の著書『開くたびにワクワクする 和気文具の手帳アイデア』も出した“手帳術の達人”である。

高校生の頃から日記を書く習慣があった今田さんが、手帳の活用法に目覚めたのは12年ほど前。和気文具に入社した際に、社長から、フランスの老舗文具メーカー「クオバディス」の手帳をもらったのがきっかけだった。4000円以上もする高級手帳を前に、手帳の使い方をあれこれ試してみるようになったという。

今回、今田さんに、使用済みの手帳を持参してもらった。見ると、サイズも形もバラバラだ。ただ、最初のページに大きな文字で目標が書かれていたり、マスキングテープや付箋、マーカーを使うなど、工夫が凝らされていて見ているだけで楽しい。

次ページあえてアナログな手帳を使う魅力的な5つの理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。