コロナ騒動で葬儀会社が恐れる「3つの大問題」

「企業倒産」「自殺者増加」などリスクは大きい

現役葬儀社社員が語るコロナによって今後起こりうる「3つの問題」とは?(写真:karinsasaki/iStock)

「コロナウイルスで葬儀の件数が増えて、葬儀屋さんは忙しいんじゃないの?」

先日、知人から聞かれたことですが、決してそんなことはありません。現在コロナウイルスの国内死亡者は200人近く。(4月17日時点)。むしろ2009年に新型インフルエンザが流行したときのほうが、葬儀業界内に危機感がありました。

当時はパンデミック(感染爆発)を想定して、スタッフの勤務体系を見直すシミュレーションモデルをいくつか作成しましたが、今回はそこまでに至っていません。しかし中長期的には、葬儀業界にもコロナウイルスの影響は及んでくるでしょう。

前回記事「『コロナ下の葬式』で遺族が苦労する5つの問題」は、「コロナウイルス下に葬儀を行う人のためのアドバイス」がテーマでした。今回は現場視点で、今後、葬儀業界で起こりうることについて解説していきます。

今「葬儀業界」で起こっていること

まず、最近の葬儀の現場で起こっていることを、報道された例も含めていくつかあげてみましょう。

現在、「社葬などの大規模葬は延期もしくは中止」「感染の可能性がある通夜料理を廃止」「一部では通夜も廃止し、葬儀だけの一日葬を行う」といったことが起きています。

新しい事例としては、先日私が担当する葬儀で、参列できない遺族のためにスマートフォンと三脚を使って、動画中継を行いました。「最後に故人の死に顔を見られて良かった」とスマホの画面に映る遺族は涙ぐんでいました。

これまでにも動画中継サービスを、IT企業がプラットフォームを作って葬儀社に売り込んでいましたが、まったく定着しませんでした。というのも、「みんなで場所と時間を共有する」のが葬儀の機能だという考え方が主流で、動画中継に対してなじめない人が多かったためです。

次ページ今後「葬儀の動画中継」が増える可能性も
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。