コロナ騒動で葬儀会社が恐れる「3つの大問題」

「企業倒産」「自殺者増加」などリスクは大きい

中国でコロナウイルスが蔓延し始めたとき、日本では棺不足を心配する声がありました。現在国内の棺の生産は、ほとんど海外にシフトしています。そのためパンデミックで中国内での棺の消費量が増えたり、棺の生産が止まったりすると、輸入がストップする可能性があったのです。

現在では花の供給が、懸念事項になっています。今は白木の祭壇より生花の祭壇の方が、消費者に人気があります。おそらく都市部では、8割が生花の祭壇ではないでしょうか。

現在自粛のため結婚式をはじめとして花の消費量が減っており、生花店も在庫を減らす傾向にあります。

葬儀の花の需要はブレが大きく、突然大量に必要になることも多いため、生花店に在庫が無いというケースが増えてきました。この傾向はしばらく続くでしょう。

2つ目は「葬儀関連企業」の倒産

コロナウイルスによって、参列者の減少が報じられています。しかし都市部において、葬儀に与える影響は限定的なはず。

なぜなら家族葬の定着から、すでに参列者数の減少が続いており、もはやこれ以上少なくならないだろうというミニマムなレベルにまで来ているからです。

コロナウイルスによる参列者の減少に、もっとも影響を受けるのは料理屋と返礼品業者でしょう。

特に料理屋にとって、通夜料理が無くなるダメージは大きいはず。今後、料理屋と返礼品業者の倒産が立て続けに起きる可能性もあります。しかしこの業種に関しては、コロナウイルスが流行る前からぽつぽつと倒産が起きていました。コロナウイルスはその速度を少し早めるにすぎないでしょう。

次ページ「最大の懸念事項」とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT