溜まる一方の子どもの「思い出の品」整頓術3選

捨てられないけど「見返す」ことも多くない

お子さんの「思い出の品」の収納術をご紹介します(筆者撮影)

絵や工作、写真、ぬいぐるみなど、お子さんの思い出の品は、成長とともにどんどん増えていきます。今回は、お子さんの思い出の品の収納術について、3つのポイントに分けてご紹介します。

◇「思い出」は、半年に1回、子どもと共に振り返ろう
◇写真を撮って箱に詰めて、自宅のバックヤードへ
◇巣立った後、子ども部屋を物置にしない

定期的に「全部出し」をする

◇「思い出」は、半年に1回、子どもと共に振り返ろう

赤ちゃんの頃のお洋服、幼稚園での工作、小学校のランドセルなど、お子さんの思い出の品は、毎年どんどん増えていきます。大切な思い出だから捨てたくないものの、すべて家に保管していると収拾がつかなくなってしまいます……。

”思い出”だからとすべて保管していると収拾がつかなくなってしまうことも(筆者撮影)

思い出の品の整理のポイントは、定期的に必ず「全部出し」をすること。一度収納箱に収めてしまうと、意識せぬまま開かずの箱になってしまうことも多くあります。

最低でも半年に1回、収納箱を外に出して、1つひとつ、持っている意味を振り返りましょう。

そして親御さんだけで行わず、お子さん本人にも、整理に立ち会ってもらうことをおすすめします。

次ページ自分の記念館を将来建てるとしたら?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT