婚活の限界--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第2回(全4回)

ジャーナリスト 白河桃子

 今、どれだけの人が婚活をしているのか?

 それに関しては、2007年から3年間にわたって東大社会科学研究所が実施している「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査」で見ることができる(2007年、2008年、2009年、20~34歳、35~40歳の男女を調査(2444名))。

●婚活をしているのは約4割(20~34歳の未婚者)

 2008年の第2回調査のプレスリリース(→詳細)によると、結婚活動をしているのは若年未婚者(20~34歳)のうち約4割で、活動の内容は友人・知人への紹介依頼や合コンが多いという。

 交際相手を見つけるのに有効なのは、ネットワーキング型結婚活動(友人など近い人を通じて相手を探すタイプの結婚活動)で、交際経験のない人(男性4割、女性2割)は、結婚や婚活に積極的ではないようだ。

 「婚活の成果は上がっているのか?」については、3年ではまだ結果を見るのは難しい。東大の調査を見ると「交際相手ができる」ことまではわかる。なぜなら、現在の初婚の平均の交際期間は、結婚まで3年8カ月。『日経WOMAN』のアンケートでも同じ結果で、東京は3年8カ月、地方は3年4カ月である。

 お見合いパーティや結婚情報サービスなどでも、「交際2年で結婚」という例は珍しくない。背中押しをしてくれる人がいるか、どちらかがよほど積極的に結婚を押さないかぎり、交際相手ができてもすぐには結婚にいたらない。

 「明日、婚活を始めても、入籍までは2年はかかると思ってほしい」

 私はいつも講演でそう話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。