婚活の限界--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第2回(全4回)

 都市部の「働く女性」に関する「結婚促進策」としては、かなり効果がある手段と思っている。いま起きていることは「中流男性」が一人の稼ぎでは一家を支えられない中流男性の没落である。

 フランスや米国などの欧米の先進国では「中流男性の没落」と「女性の社会進出」が同時に起こることで、1970年代以降「専業主婦モデル」から急速に脱却し「共働き」夫婦に移行し、同時に少子化も徐々に回復していく。

 日本は「「女性の社会進出」がすすまず、その代わり「パート主婦」「趣味的仕事主婦」とフルタイム就業夫の組み合わせである「新専業主婦型」モデルが1980年代ぐらいから台頭した。

 そしていま、「中流男性の没落」が進んでいるのに、「フルタイム共働き」型夫婦に移行できない苦しい時期を迎えている。

●「男が働き、女性は家事育児」という「昭和的結婚観」からの脱却

 どんなにハウツーや婚活サービスを駆使しても、「養う夫」「家庭を支える妻」という「昭和型結婚観」のままでは、「養える男性」の数の限界には太刀打ちできない。

 婚活女性の数だけ「養える男性」、正確にいえば、「女性が働かなくても中流家庭を支えることができる男性」の数はいないと思う。

 婚活の限界を突破するには、「男が働き、女性は家事育児がメイン」という「昭和的結婚観」からの脱却という婚活中の未婚者の意識変換、さらに制度の応援も必要となる。

 「婚活力は稼ぎ力。とにかく女性も働き続けましょう」

 地方に行くと、そう話すことがむなしくなるほど、「雇用」自体がないのだ。女性の「就業継続支援」と男女両方の「雇用」機会の創設は、婚活支援と同時にあるべきだ。

 次回は「婚活ブームのメリット、デメリット」に焦点をあてる。
白河桃子(しらかわ・とうこ)
ジャーナリスト&ライター 東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。
「プレジデント」、「シュシュ」、「ジンジャー」、「日経」アソシエオンライン、「日経」新聞サイト、その他婦人公論など多数女性誌に執筆。女性の年代別ライフスタイル、未婚、晩婚、少子化などに関するインタビューがテーマで、その膨大な取材量には定評がある。
山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の『「婚活」時代 』(ディスカヴァー21刊)が19万部のヒットに。「婚活」は2009年度流行語大賞にノミネートされるほど世の中に影響力を持つワードとなり、今日も注目されている。
公式ブログ:http://www.diamondblog.jp/touko_shirakawa/
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。