中国の「母子感染」が示す乳児のコロナリスク

適切に隔離されず1歳未満の感染が続々発生

中国では1月末から乳児感染者が増えはじめた ※写真はイメージ(写真:Oksana Khodakovskaia)
乳児が新型コロナウイルスに感染する事例が日本国内で相次いで報告され、重症者も出た。中国では新型コロナの母子感染リスクに関する事例や研究が続々と登場しており、注目を集めている。「財新」取材班が感染の実態に迫った。

2月2日午前3時、貴州省人民病院の小児内科医・崔玉霞は突然、緊急の電話を受けた。生後2カ月に満たない女児の小果(仮名)が、核酸検査(訳注:PCR検査など)の結果、新型コロナウイルス陽性と診断され、病院で治療を受けることになったのだ。

すぐに、オレンジ色のおくるみに包まれた小さな乳児が、”完全防備”の医療スタッフによって病室に運び込まれた。貴州省で最年少の新型肺炎患者が誕生した。

1月末から乳児感染者が続々と確認 

「小果がここに来たときはまだ生後55日で、体重は4.5kg。こんな小さな命はもろく弱い」。崔玉霞は当時の情景を思い出しながら話す。

1月末から、湖北省武漢や貴州省貴陽、河南省信陽などで、1歳未満の乳児感染者が立て続けに確認されている。発育不全、免疫機能低下、表現力の欠如――。こうした特殊な患者が、小児科医の負担を倍増させる。

感染拡大の中心地に位置する武漢小児病院は、武漢市における新型肺炎の小児患者指定病院であり、新型肺炎の乳幼児を全国で最も多く治療している医療機関だ。他の地域から医療援助チームを受け入れていない武漢で唯一の病院でもあり、治療内容の詳細が公表されることは少ない。

あるスタッフは、「新型肺炎の新生児の隔離エリアとしてワンフロアを確保していた」と話す。3月初めまでに新型肺炎の新生児を50人以上受け入れ、そのうち4人は新生児用の集中治療室(ICU)で治療したという。

本記事は「財新」の提供記事です

どうすれば新型肺炎の乳児を救えるのか? 乳児と幼児の分かれめは「満1歳」とするのが通例だ。新型コロナに感染している、あるいは感染の疑いがある乳児は、表現力や身体の発育が極めて未熟である。

新型肺炎乳児の治療に携わった数人の医師によると、成人の治療とは異なり、乳児に対してどのように投薬し、どうケアするかについて、初めはマニュアルが一切なかったという。何事も「石橋を叩いて渡る」しかなかった。

次ページ家庭内の濃厚接触が主因の1つ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT