中国の「母子感染」が示す乳児のコロナリスク 適切に隔離されず1歳未満の感染が続々発生

印刷
A
A

本来、母親は指定病院でウイルス感染の検査結果を待ち、転院して治療を受けるべきだった。だが病院は、感染リスクが高い新生児を隔離せず、出産当日に両親が新生児を連れて帰ることを許可したのだ。出産翌日の2月1日、母親は新型コロナウイルス肺炎と診断され、2月5日には生後5日の男児も発熱し、陽性と診断された。

妊婦・新生児向けガイダンスはなかった

なぜ男児を隔離しなかったのか? 同病院のあるスタッフは、「当時は、母親が新型肺炎患者であれば子どもも感染するかどうかは確かでなかったし、そう言われていなかった」と話す。病院側の説明によると、1月末時点で、国家衛生健康委員会の診療プログラムにはまだ、妊婦や新生児に関するガイダンスがなかったという。

同病院はさらに、「男児は誕生後はまだ症状がなく、現地の隔離対象の要件や、核酸検査を行う基準も満たしていなかったため、男児の退院に同意した」と説明。母親の感染が確認されると、病院は男児の状態を非常に心配しはじめ、2月4日にようやく男児の自宅に向かい、核酸検査のサンプルを採取したのだった。 

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

2月2日、国家衛生健康委員会は『小児および妊産婦の新型コロナウイルス肺炎予防管理に関する通知』を発表。小児や妊産婦が新型肺炎にかかりやすいことを初めて明らかにし、保護と診療に関する助言を行った。

感染拡大初期の予防策のさまざまな不備により、乳児感染者は1月末から増えはじめた。乳児は喋ることができず、コミュニケーションが取れない。身体の各機能も未発達だ。どうやって治療すればよいのか。医療現場には難題が投げかけられている。

(財新記者:黄恵肇、曾悠君)
※敬称略。『財新週刊』3月30日発売号掲載記事より抄訳

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT