「死」に比べれば、この世に大した不幸はない

哲学人生は意外と幸福だったかも?

人は損得勘定で子供を作るのではない

よく、「子供がいないと、老後、寂しいから、子供を持ったほうがいいよ」と忠言する親や先輩がいますが、これほどの間違いはない。「そうだな」と同調しているうちは、子供を持たないほうがいいでしょう。というのは、子供を持っている多くの方は知っていると思いますが、普通の損得勘定でいけば、子供を持つより割の悪いことはないからです。カネはかかるし、どんなに一生懸命に育てても、ほとんど何も感謝されないどころか、下手をすると、一生恨まれ、憎まれ、呪われ続ける。そして、子供が犯罪に走ったりすると、すぐに親の責任を問われる。いいえ、以上すべてを合わせたより「割の合わない」のは、もし子供がいじめられたり、その結果、自殺したり、そうでなくても病気や事故で死ぬことになったら、もう天地が崩れるほどの衝撃を受け、それ以上、生きることができないほど絶望するからです。

その点、子供を持っていない人は楽でいいですね。しかし、私が本当に言いたいのは、ほとんどの人は損得勘定で子供をつくるのではないということ。子供をつくることをもって、人は損得勘定を超えたところに至るということです。そして、たまたま(本当にたまたまです)、子供がどうにか幸せに暮らしていれば、「それでいい」というのが、「それ以上何も望まない」というのが、そして「自分に何もしてくれなくてもいい」というのが、大部分の人の親心ではないでしょうか。いや、基準はもっと下がって、どんなに不幸でも、どんなに社会からつまはじきにされていても、「とにかく生きていてくれればいい」というのが親心かもしれません。こうして、ダメな子を持てば持つほど、人は鍛えられ、高みに至るのかもしれません。

さて、次の違和感は、「誰にも見守られずに孤独に苦しみながら死んでいく」という人生観ですが、それが嫌なら、ひたすら孤独に陥らないように努力するほかないでしょう。私が『孤独について』で書いたことは、(中島が何で「孤独」なんだ、とずいぶん誤解されているようですが)、「私は孤独であることを恐ろしいと感じないほど孤独な人間なのだ」ということを伝えたかったのです。私が少年の頃から抱いているのは、私が死ぬかぎり私は不幸であり、この公式を覆い隠すものはすべてうそであるという信念であり、よって一瞬もこのうそにだまされまいと決意して生きてきました。

次ページ中島流不幸克服術
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT