コロナに便乗「病院」狙ったサイバー攻撃の恐怖

ワクチン研究所や医療機器メーカーも標的に

また、イギリスのサイバーセキュリティ企業レッド・ゴート・サイバーセキュリティのリサ・フォーテとポーン・ディフェンドのダニエル・カードは、イギリスとヨーロッパの医療機関を支援すべく、「サイバー・ボランティアズ19」を2019年3月に立ち上げた。アメリカのテクノロジー誌ワイアードによると、ビジネス特化型ソーシャルメディアのリンクトインを通じてボランティアを申し出た人の数は、3月22日時点で3000人近くに上っている。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

イスラエルのサイバーセキュリティ研究者であるオハド・ザイデンバーグも、新型コロナウイルス絡みのサイバー攻撃に関する情報を集めるボランティアグループを立ち上げた。

イスラエルのほか、ヨーロッパ、北米の有名企業のサイバーセキュリティ専門家が現在70名ほど参加しており、ザイデンバーグはこの動きを世界中に広げていくつもりだ。

今後の注意点

通常の医療に加えて、急増する新型コロナウイルス感染者の治療に当たっている医療機関は、非常に厳しい状況に置かれている。ボランティアを含め、サイバーセキュリティ業界の支援拡大が必要だ。

新型コロナウイルス危機を世界が乗り越えた後、今回ボランティアとして立ち上がった人々や組織が改めて賞賛されるとともに、対価を含め貢献にどう報いるか、医療業界のサイバーセキュリティをどう改善するか議論されるべきであろう。そうしなければ、長期的なサイバーセキュリティ強化につながらない。

また、インターネットを介した遠隔医療が改めて注目されている。例えば、3月25日に米上院が可決した2兆ドル(220兆円)の新型コロナ経済対策法案には、遠隔医療のための予算も含まれていた。サイバー攻撃への対策も今後求められよう。

今すぐ取るべき対策としては、よくあるなりすましメールやショートメッセージの手口を知ることだ。「重要」「緊急」「新型コロナウイルスに関する最新情報」と件名に書かれている場合、送り手のメールアドレスや文面に不審な点がないか慎重な確認が必要である。

『サイバーセキュリティ 組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

WHOや米疾病対策センターなど実際にある組織をかたったなりすましメールを送りつけるサイバー攻撃がすでに発生している。最新情報を確認するという名目で添付されたリンクをクリックさせ、アカウント情報を入力させようとする。

そのほかにも、医薬品製造業者を名乗り、「医薬品の輸送が滞っているため、対処する必要があり、こちらのリンクを確認してほしい」とのなりすましメールも見つかっている。リンクをクリックすると、情報を盗むタイプのコンピュータウイルスや身代金要求型ウイルスに感染してしまう。医療とサイバーセキュリティの両分野でウイルスとの戦いが続いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT