がんになった父が6歳の娘に遺す「最後の仕事」

「5年生存率2.9%」を生き抜く

登壇し、がんについて説明する西口さん(写真:筆者撮影)

この連載のキーワードである「行動(アクション)」という言葉も、私が当事者から最初に聞いたのは西口さんからだ。2018年7月のCP会員の交流会に集まった24名の会員たちに、彼はこう呼びかけていた。

「今日の参加を機に、自分が実践したい行動を1つ考えてください。今すぐ実現できそうな身近なものがいいですね。行動を起こすことで気持ちが前向きになり、生きるチカラになると思います」

彼はベンチャーの人材紹介会社に勤めながら、CP代表として実名と顔出しで、メディアの取材を受けてきた。それに何のためらいもなかったのか。

「ベンチャー企業も社長が実名で顔出ししないと、社会的な信用をなかなか得られない。僕も子どもがいるがん当事者として活動を始めた以上、より多くの会員を集めるために、ごく自然にそうしようと思いました」(西口さん)

なぜ、そんなことを聞くの?と言わんばかりの顔で、彼は言った。ベンチャービジネスと並列で、CPの活動を語れる点が彼の強み。ところが、同じ2回目の取材後半で、CPの立ち上げについてこんな本音も明かしてくれた。

「厳しい状況で何か行動を起こさないと、病気に押し潰されそうな不安も当時感じていました。ですから実際には、弱さの裏返しかもしれませんね」

父親が6歳の一人娘に遺す「最後の仕事」

イベントのメンバーと(写真:西口さん提供)

2020年2月末の昼下がりに、都内で開かれたCPのボランティアスタッフの募集イベント。西口さんは胆管がんで入院した際の光景を語っていた。

「6人部屋の病室は全部70、80代の男性で、話し相手もいませんでした。夕食後は、同じ病室のおじいちゃんたちが、プロ野球のナイターの生中継をテレビで観ていて、試合展開によって、時々ウォーッと歓声が上がったりして、僕にとっては『うるさいなぁ』という感じでしたね」

男性のがんは50代から増え始め、70代後半から80代前半でピークを迎えるパターンが多い(2013年に国立がん研究センター発表)。当時35歳で、一人娘がまだ6才だった西口さんの孤立感は想像できる。

がんの部位別に、当事者が地域で交流する「患者会」とは違い、CPは子どもがいること(年齢制限なし)を条件に、SNSで交流する点が新しかった。

日本人の死因の3割はがんだから、当事者たちが何に悩み、何が必要なのかといった情報には必ず価値がある。西口さんは当初からそう確信していた。一定数の人たちが抱える問題を解決するのが、ビジネスの本質だからだ。

「会員を集めてその声を社会に届け、一定の収益を安定的に出せる仕組みを編み出して、CPを存続させたいんです。結果、がんになっても働きやすく、暮らしやすい社会を実現する一翼をCPが担えればいい。それができれば、誰もやったことがない分、カッコイイ仕事になると思いました」(西口さん)

一人娘に遺す「最後の仕事」と誓った。父親の生き様を娘にずっと覚えていてほしい、それが彼の最大のモチベーションだ。

次ページ西口さんのもとに集う人たちの思い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT