ロケ誘致で乗客を増やせ!鉄道会社の秘策

駅構内の撮影は10万円、回送電車は30万円

このようなシーンを実際に撮影するのは安全上、不可能である。和田氏は「ほとんど土下座のような状態」で関係各所の許可を得て回る一方で、撮影が可能なロケ地探しにも奔走した。

見つけたのは鶴ヶ峰駅付近の踏切。列車がまっすぐカメラのほうに近づいてきて、直前でカーブするため、撮影に支障はない。手前に踏切もある。そこで、役者が立っていない状態で列車が向かってくるシーンと、列車抜きで上戸彩が踏切内に立つシーンとの2回に分けて撮影し、それらを合成した。完成したシーンは、まったく合成に見えず、迫力満点。どうやって撮影したのかという問い合わせが、和田氏の元に相次いだという。

踏切の赤信号が点滅するシーンの撮影も一苦労だった。深夜作業を嫌った担当者は当初難色を示したが、「踏切の定期点検を撮影日に合わせて行う」ということで、ようやく実現した。深夜撮影のため信号音は出さず無音で撮影。あとで信号音を付け足した。

いちばん大変な作業は「社内調整」

『真夏の方程式』「とんび」「孤高のグルメ」……。話題の日本映画に伊豆急行が登場する機会が急速に増えている。4月4日公開の映画『大人ドロップ』もそのひとつ。伊豆・河津町を舞台とした高校生たちの夏の経験を描く青春映画だ。鉄道シーンが頻繁に登場する。

今回の撮影に協力した伊豆急行の場合は、貸し切り車両の特別運行に加え、一般客も乗る車両での撮影も行うなど、全面的なバックアップ態勢がとられた。

「役員が撮影スタッフにドリンクを差し入れするなど、社長以下、全員がロケ誘致に燃えている」と、伊豆急でロケーションサービスを担当する遠藤春江氏は言う。ロケサービスを行う専門子会社を設立し、協力内容や料金体系も明示化したことで、映像制作会社側も依頼しやすくなった。初年度となる2011年度の実績は33件だったが、12年度は55件、2013年度は2月末時点で67件と倍増している。「田舎の鉄道会社なので列車の運行間隔が長い。そのため臨時列車を出しやすいということもあるかもしれません」(遠藤氏)。

「GREEEEN『僕らの物語』(楽曲・プロモーションVTR) 制作会社:有限会社Birth*相鉄いずみ野線「いずみ野駅・上りホーム」での撮影風景
次ページ”聖地巡礼”とイベントを絡める戦略
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。