ビッグデータをどうビジュアル化すべきか

企業価値を上げる映像コンテンツ3つのポイント(下)

ビッグデータがブランデッドコンテンツの柱に

今回ご紹介したブリティッシュ・エアウェイズの最初の事例では、アメリカ市場における顧客層データやフライト路線に関するデータを活用し、里帰りを希望するアメリカ在住インド人に特化したメッセージを生み出し、エモーショナルなストーリーとしてクリエーティブに映像表現することに成功した。後半にご紹介した事例では、ビッグデータとテクノロジーの融合により、最適のシチュエーションでターゲットとなる消費者に、インスタントに驚きと感動を与えるような映像を作り上げることに成功した。

セールス活動、あるいは顧客サービスの強化のために威力を発揮すると期待されるビッグデータだが、ATL (Above the line/情報の上流)、BTL(Below the Line/情報の下流)に限定せず、マーケティングコミュニケーション、ブランディングにも応用する時代を迎えていると言えそうだ。

まとめ

本連載では3回にわたって、①ブランドのもつ価値をストーリーの中で表現する、②最強のインフルエンサーから共感を得る、③ビッグデータの映像化――という以上3つのポイントで企業価値を上げるブランデッドコンテンツについて考察してきた。

取り上げてきたケーススタディを振り返ってみると、いずれもブランドが存在する意義、背景をとらえたうえでブランドが取り組むべき社会的課題とその役割が明確に表現されていることに、皆様もお気づきなのではないだろうか。

友人や家族との再会、核家族化、老老介護、自分に自信が持てているか、海外移住、家族……と、きっと読者の方々にも共感していただけたと思う。このようなテーマで制作されたブランデッドコンテンツの数々は、「大ヒット作」として世界中の人々をエモーショナルに感動させてきた。

マーケターに課せられた役割は、今より俯瞰からブランドと社会を見つめたブランデッドコンテンツの創造と拡散ではないだろうか。今回ご紹介したケーススタディの数々が、皆さんの今後のマーケティング活動に役立つヒントとなれば幸いである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT