日立、ヘルスケア売上高6000億円目指す

1000億円弱のM&Aにも意欲?

3月24日、日立製作所は、2019年3月期に関連事業で売上高6000億円を目指す方針を明らかにした。写真は2012年10月、都内で撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] -日立製作所<6501.T>は24日、都内で開いたヘルスケアグループ事業説明会で、2019年3月期に関連事業で売上高6000億円を目指す方針を明らかにした。

2014年3月期は3200億円程度となっており、今後5年で倍増させる。

4月1日付で日立の執行役専務ヘルスケアグループ長に就任する北野昌宏・日立メディコ社長は、売り上げ目標について「オーガニックだけでは難しい。注力分野でのM&A(合併・買収)もあり得る」と説明。具体的なM&A金額については明らかにしなかったが、投資も含め「3桁のかなり上の方」を想定していることを明らかにした。

現在、診断・治療7割、ヘルスケアIT2割、病院向けソリューション1割程度となっている売上比率は、5年後に「ヘルスケアITと病院向けソリューションで5割。残りが診断・治療」(北野次期専務)にしたい意向だ。

北野次期専務は現在5割超の海外売上比率について「医療、ヘルスケアというのは医療費の割合でだいたい規模が決まる。流れとしてはさらに上がっていく」との見通しを示した。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT