日立造船M&Aで、発明家が損害賠償訴訟

買収した技術ベンチャー旧経営陣と泥沼の争い

西野氏が発明したFRP管。現在、西野氏は新設のNBL研究所で開発を進めている

日立造船は、このM&Aでいったい何を目指していたのだろうか。

1月7日、日立造船は、複合素材ベンチャーのエヌビイエル(以下、NBL)の旧経営陣から約7.5億円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。原告は発明家・西野義則氏や大阪大学名誉教授の田村信一氏ら4人だ。

西野氏は大阪工業大学卒業後、日立造船に研究者として入社。造船不況時に解雇され、1988年にNBLを設立。さまざまな発明を大企業に持ち込み、共同で事業化しパテント料などを得ていた。西野氏は関西圏の大学の研究者との交流も密接で、阪大を定年退官してから経営参加した田村氏のほか、複数の研究者がNBLの株主に名を連ねていた。

次ページ壮大だった成長計画
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT