日立造船M&Aで、発明家が損害賠償訴訟

買収した技術ベンチャー旧経営陣と泥沼の争い

西野氏が発明したFRP管。現在、西野氏は新設のNBL研究所で開発を進めている

日立造船は、このM&Aでいったい何を目指していたのだろうか。

1月7日、日立造船は、複合素材ベンチャーのエヌビイエル(以下、NBL)の旧経営陣から約7.5億円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。原告は発明家・西野義則氏や大阪大学名誉教授の田村信一氏ら4人だ。

西野氏は大阪工業大学卒業後、日立造船に研究者として入社。造船不況時に解雇され、1988年にNBLを設立。さまざまな発明を大企業に持ち込み、共同で事業化しパテント料などを得ていた。西野氏は関西圏の大学の研究者との交流も密接で、阪大を定年退官してから経営参加した田村氏のほか、複数の研究者がNBLの株主に名を連ねていた。

次ページ壮大だった成長計画
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング