ルネサス社長「力不足と思う点はたくさんある」

1年遅れの中計発表、柴田社長が目指すものは

――かつて日本の半導体業界は世界を席巻しました。そういった時代はもう来ないのでしょうか。

日本の半導体がダメだとは全然思わない。日本の半導体なんて、昔のほうがよっぽどダメだったんじゃないって思っている。

柴田英利(しばた・ひでとし)/1972年生まれ。1995年東大卒、同年JR東海入社。メリルリンチ日本証券、産業革新機構(現INCJ)などを経て2013年ルネサスエレクトロニクスCFOに。2019年7月に同社社長就任(撮影:尾形文繁)

シェアが大きかっただけで損益はひどかった。そんな儲からない商売で、うちはグローバルシェアトップですって、全然サステイナブルじゃない。それよりもきちんと利益を出して、自力で、自分の食いぶちを取れるようにして、そこからどれだけ伸ばせるかということだ。

それにあたっては、携帯電話用のアプリケーションプロセッサーのような規模が大きくならないと成立しないビジネスはしんどい。スマホの年10億台と比べれば、自動車だって年間9000万台しか出荷されない市場だ。そういう規模のマーケットで、われわれはしっかりとしたポジションやシェアを積み上げていきたい。

小売業のようなことはできない

――柴田社長は半導体の技術者出身ではありません。業界内からは半導体がわからない人に半導体企業の経営はできない、という批判の声も聞こえてきます。

私は以前投資家だったので、もっと多様な業界や会社に触れてきた。その経験をもとに言うと、半導体は確かに難しい。半導体は1つ作るのに何カ月もかかるし、開発段階から数えると5年とかすぐに費やす。そうすると少しの間違いが将来すごく大きな間違いになる。これは小売業のように、昨日の仮説を今日試して、違ったら明日は変えようみたいなことができない。

半導体の経営は難しい。半導体のことを相当わかっていないと、難しいことがいっぱいあるよという意味だとすれば、それはそうだろうと思う。「そんなことない」というつもりはない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT