危険!「会社説明会」で語られない不都合な真実

リアルすぎる「就職活動の悩み」あるある図鑑

会社説明会で語られる話は、本当にその会社の実態を表しているのでしょうか?(イラスト:じゅえき太郎)
ゆるいタッチと独特の世界観で、SNS総フォロワー数30万人にものぼる大人気イラストレーターのじゅえき太郎氏。
そんな著者の『正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。』が発売となった。
本書では、ビジネスパーソンが日々感じているあるあるな悩みを4コマ化し、それを少しでも軽くするための解決策を模索する。本書の内容を一部抜粋、編集のうえお届けしたい(外部配信先では4コマを閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)。

僕は現在、昆虫の4コマ漫画やイラストをSNSにアップしながらフリーのイラストレーターをやっていますが、数年前までは早朝5時から肉体労働、その後9時から21時ごろまでデスクワークと、まさに「働きアリ」のように休日もほとんどなく働いていました。

『正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

昨年から、当時の経験や見聞きしてきたことから仕事に関する悩みと、それを少しでも軽くするための方法を紹介しています。

3月1日は、就職活動が全面解禁される日ですね。すでに、会社説明会やインターンシップ、面接などを経て、内定を勝ち取っている人もいるかと思います。一方で、就職活動に悩み、心が折れかけている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「就職活動あるある」をお届けしたいと思います。

そもそもやりたいことがわからない

次ページ打開策は「暇つぶし」?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。