都心に怒濤の出店攻勢、踊り場ヤマダ電機の巨艦戦略

拡大
縮小


 積極出店で規模を拡大してきたが、1店舗当たりの営業利益は前期9300万円強と、ピーク時からわずか3年でほぼ半減。価格競争が激化する中、「全国くまなく多出店」による成長戦略が転換期を迎えたと見る向きが業界には多い。

ポイント拡大による低価格販売が加速し、関連費用も膨らんでいる。9月末時点の未使用分のポイント引当金残高は207億円と1年半前の約3倍。また、エコポイント政策による販売増にもかかわらず今期の営業利益計画をわずかながら引き下げたのもポイント費用がかさむからだという。

エコ政策の動向次第では消費不況真っただ中に逆戻りする。逆風の中、成長を維持するには他社の商圏をのみ込み、価格競争に歯止めをかけるしか道はない。転換期を迎えた巨艦企業がむく牙は、どのライバルをむしばむのか。

■業績予想、会社概要はこちら


(杉本りうこ 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT