「大人の読解力」で苦戦する人たちの"勘違い"

苦手意識がある人が取り組むべき3つのこと

それは「精読」をすることです。

次の3つのポイントで「精読」を進めてください。

【ポイント1】1冊を3回読んでください

たくさんの種類の本を読まないことがコツです。本が好きでない人が、量をこなしてもまったく意味がありません。

【ポイント2】その本に書いてあることを評論してください

評論とは「自分だったらどう考えるのか」「自分だったらどう行動するのか」というものです。つまり、「考える」ことをします。この「考える」ことができるかどうかが読解力の要なのですが、「考える」ことが行われないと、ただ「字づら」を追うだけの“作業”になることがあります。

しかし、「考えることが大切」と言われても、残念ながら「考える」の意味がわからない場合があります。「考えるとはどういうことを言うのですか?」と問われて答えられるでしょうか。多くの場合、「考えなさい」と言われても、ただ「悩んでいるだけ」だったりします。そこで、「考える」ために必要な代表的な次の2つの「問いかけ」を自分にされてみてください。

「要するにこれは何が言いたいのか?……【抽象化】
「自分に当てはめるとどうなるか?……【自分事】

このワードを自分に問いかけると頭脳が動き出します。つまり「考える」状態ができると考えていいでしょう。大人の読解ができている人は、これが自然とできている人たちであると言ってよく、その結果、印象に残り、記憶に残り、さらに自分の一部にするのことができるのです。

量をこなすのではなく「精読」を心がける

【ポイント3】本に書いてあることをすべてマスターしよう、やってみようとしないこと

本1冊から1つの情報が得られたら読んだ価値があると言われています。ですから、本にたくさん線を引いたり、付箋をたくさん貼ったりすることで満足して、何1つ実践できずに終わってしまうということが往々にしてあるのは、たくさんの情報を得ようと思いすぎている傾向にあるといえます。

『同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?「自分の頭で考える子」になる10のマジックワード』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

そこで、次のようなことをしてみます。線を引いたり、付箋を貼ったりした中から、「やってみたいことを3つ以内に絞る」ということをします。やらなければならないことではなく、「やってみたいこと3つ以内」です。それを得るために本を読んだのだと思えばいいでしょう。そしてそれを実践してみます。これが本を読んだ価値なのです。

以上のような3つのポイントを押さえて本を読めば、大人の読解力がつくだけでなく、行動力もついていきます。

最後にもう一度言いますが、本が好きではない人が、たくさん本を読んで読解力を高めようと思うのではなく、「精読」によって自分の糧となる情報を獲得していくことにフォーカスしたほうがいいでしょう。

また、1日2時間読書するというように決めてもいいですが、そのように決めると2時間は“読まなければならない”と義務化が始まり、実際は無意味な”作業”に終わってしまう可能性もあります。

以上のことを参考にされて、読むことが楽しみになる読書をしてみてください。すると大人の読解力は自然と身に付いてくることでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。