新型コロナで「iPhone生産に大打撃」苦難の現場

中国の工場は人手不足でフル稼働は4~5月か

これからの数週間で製造業が正常化するかどうかはまだ不確定だ。財新記者は多くのアナリストを取材した。そのうち楽観派は、湖北省以外の地域では、2月末に操業再開率は8割以上に達するだろうと予測している。悲観派は、3月末になってやっと8割以上に達し、フル稼働は4月か5月ごろだろうと見る。

操業再開にまず必要なのは人だ。各地に分散している従業員をもう一度集めなければならない。復帰を促すため、ホンハイの鄭州工場は予定通りに復帰した従業員に3000元(5万円弱)の手当を出すことにした。

復帰ボーナスの金額で競い合う大手2社

だが、この施策も特別な魅力があるとはいえない。

仁宝電脳(コンパル・エレクトロニクス)の重慶工場が打ち出した施策は、段階的に約4500元(7万円強)のボーナスを出すというものだ。さらに、春節前に離職した従業員が復帰した場合、勤続年数を離職前から継続して計算するという。

そこでホンハイの鄭州工場はすぐに、職場復帰のボーナスを5250元(8万円強)に増額した。

画像をクリックするとコロナウイルスに関連する記事の一覧にジャンプします

「どちらも世界的なEMS工場だ。品質の差も大きくない。すばやく人手を集め、オーダーをよりうまくさばける企業が、顧客から引き続き注文を勝ち取ることができる」。あるEMS工場の関係者はそう語る。

人を奪い合って操業再開することは、このフェーズにおいてまた別の意義を持つのだ。


※敬称略、『財新週刊』2020年2月24日発売号より抄訳

武漢で取材を続ける『財新週刊』の長編リポート全8回を週刊東洋経済プラスで公開中です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT