1000人調査で見えた「理系院生」の就活のリアル

「自由応募でコンサル」増加、推薦効力薄い?

自由応募の学生は4分の3、推薦応募の学生は4分の1だが、「推薦」を選択した学生は選考が有利になるメリットを評価し、「自由」を選択した学生は束縛を嫌っている。

「推薦応募の方が有利であると考えているため」(北海道大学大学院、情報)

「推薦の方が、選考が早いから」(九州大学大学院、物理・数学)

「第一志望であるなら、推薦応募はメリットしかない」(大阪大学大学院、機械)

「自由応募」を選ぶ理由

推薦が有利なのは、「必ずその企業に行く」という暗黙の約束があるからだが、そういう黙契は選択の幅を狭める。

「推薦応募は制約が多い」(大阪大学大学院、機械)

「推薦だと内定後の自由度が低い」(京都大学大学院、化学)

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

大学の制度や企業の募集方法によって、「仕方なく自由応募」という学生もかなり多い。

「東京のIT系企業を志望していたため、そもそも大学の推薦枠が存在しなかった」(名古屋工業大学大学院、情報)

「生物系の学科はあまり推薦がない。自由応募が一般的」(東京農工大学、生物・農)

もっとも、いまも推薦に熱心な大学・学部がある。また「第一志望の企業が大学からのルールで推薦のみでしか受けられなかったから」(慶應義塾大学大学院、機械)も推薦制度を維持する例だ。

ただし、「推薦」の周知度は低くなっているようだ。「推薦応募のやり方を知らない」(埼玉大学大学院、生物・農)、「そもそも推薦応募についてよく知らない」(名古屋大学院、生物・農)と書く学生がいるが、多分、「推薦」を意識したこともあまりないのだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。