1000人調査で見えた「理系院生」の就活のリアル

「自由応募でコンサル」増加、推薦効力薄い?

推薦が減ったもう1つの理由は、ありがたみがなくなったからだ。ある土木系教授は推薦をいっさい出さない理由として、「推薦しても採用してもらえるとは限らない」と言っていた。

かつての推薦状は大変な重みを持っていた。「○○大学の××研究室から何人の学生を採れるか」は理系採用の要。推薦ならほぼ100%入社してもらえる。研究室の教官にもメリットがあった。教授の指図1つで卒業生を有力企業に送り込める。つまり、ウィンウィンの関係だったが、長びく不況が関係をむしばんでしまった。

とはいえ、いまも推薦は生きている。今回の調査によれば、1000人強の大学院生のうち50%が「自由応募」、23%が「推薦応募」、27%は「未定」だった。本調査は1月末から2月初めにかけて実施したが、「未定」の27%の多くは「自由応募」になるのだと思う。

伝統的工学分野で推薦が続く

推薦か自由か、応募方法についての専攻別の傾向を見てみよう。「推薦応募」の割合が多いのは、「機械」(53%)、「電気・電子」(35%)といった、製造業に不可欠な工学分野だ。これらの専攻では推薦制度がいまも生きているようだ。「化学」も伝統的工学分野といえるが、26%と意外と高くない。

一方、「自由応募」が多いのは、「薬学」「生物・農」で、それぞれ75%、74%と4分の3に及ぶ。次いで、比較的新しい分野が多い「その他」が53%、「情報」も51%と半数を超える。

次ページ推薦に束縛されるデメリットも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。