1000人調査で見えた「理系院生」の就活のリアル

「自由応募でコンサル」増加、推薦効力薄い?

推薦が減ったもう1つの理由は、ありがたみがなくなったからだ。ある土木系教授は推薦をいっさい出さない理由として、「推薦しても採用してもらえるとは限らない」と言っていた。

かつての推薦状は大変な重みを持っていた。「○○大学の××研究室から何人の学生を採れるか」は理系採用の要。推薦ならほぼ100%入社してもらえる。研究室の教官にもメリットがあった。教授の指図1つで卒業生を有力企業に送り込める。つまり、ウィンウィンの関係だったが、長びく不況が関係をむしばんでしまった。

とはいえ、いまも推薦は生きている。今回の調査によれば、1000人強の大学院生のうち50%が「自由応募」、23%が「推薦応募」、27%は「未定」だった。本調査は1月末から2月初めにかけて実施したが、「未定」の27%の多くは「自由応募」になるのだと思う。

伝統的工学分野で推薦が続く

推薦か自由か、応募方法についての専攻別の傾向を見てみよう。「推薦応募」の割合が多いのは、「機械」(53%)、「電気・電子」(35%)といった、製造業に不可欠な工学分野だ。これらの専攻では推薦制度がいまも生きているようだ。「化学」も伝統的工学分野といえるが、26%と意外と高くない。

一方、「自由応募」が多いのは、「薬学」「生物・農」で、それぞれ75%、74%と4分の3に及ぶ。次いで、比較的新しい分野が多い「その他」が53%、「情報」も51%と半数を超える。

次ページ推薦に束縛されるデメリットも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT