減速感強まる欧州経済と止まらないユーロ売り

次の焦点は「アメリカが利下げに動くのか」

対米金利差という観点で見れば米金利の下げ幅のほうが大きく、例えば米独10年金利差は昨年半ばからはっきりと縮小している。素直に考えればユーロドルは上昇するはずだが、むしろ下落傾向を強めているのは、ひとえに「マイナス金利の深さ」を理由に、購入対象として検討されないということだろう。

こうした状況をつきつめると、「マイナス金利解除がなければドル高が続く」という結論になる。しかし、だとすれば為替予想も基本はドル高一色とならざるをえない。もうドル高局面は2014年6月以降、5年半も続いている。これは歴史的にみて異様な長さだが、2014年6月といえば、ECB(欧州中央銀行)がマイナス金利導入を決定した月でもある。偶然ではないのかもしれない。

なお、「マイナス金利解除がなければドル高が続く」ということは、裏を返せば、マイナス金利政策が通貨安政策として機能していることの証左である。今年、6年目に入ろうとしているドル高局面を前にトランプ政権、米国の通貨政策が、こうした状況をいつまでも放置するのだろうか。現状のドルは高すぎるといえるゾーンに入ってきたように思えてならない。

※本記事は個人的見解であり、筆者の所属組織とは無関係です

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT