炭酸水ウィルキンソンがここへ来て大人気の訳

冬も好まれる爽快感、誕生100年超えモテ期に

飲料も瞬間での爽快感を好む人が目立つ。ただし、その日の気分によるだろう。寒い日の外出先から職場に戻ったときは、温かいドリンクで癒やしたい人も多い。それでも炭酸水ですっきりしたい人は増え、気分転換にはエネルギーチャージの意味合いもある。

「ウィルキンソンは、強炭酸を打ち出す一方で、ガス圧がどれぐらいといった数値面での訴求はしません。それは商品設計の裏側の話で、あくまでも味わったときの感覚を楽しんでいただきたいのです」(同)

外食では「別のすっきり感」も

外食における炭酸水は、とくにハイボールやサワーとの親和性が高い。

乾杯時に「とりあえずビール」ではなく、最初から好きなドリンクを注文する時代だ。料理に合うドリンクも、その日の気分で感覚的に選ぶ人が増えた。

例えば、20代の女性会社員3人と「火鍋会食」をした際、参加者の1人はこう話した。

「私は、火鍋と一緒に飲むドリンクは、ビールやレモンサワーのようなものがいいですね。鍋の辛味とは別の爽快感を楽しみたいです」

「ハイボール」や「レモンサワー」の割材としても用いられる(画像提供:アサヒGHD)/「火鍋」料理の例(筆者撮影)

東北地方の海鮮居酒屋では、同行の編集者(20代)は、刺身の後、鶏の唐揚げとハイボールを頼んだ。「今日は肉と炭酸も楽しみたい日」だったという。

2008年からウィルキンソンの売り上げが伸びたのは、酒類で競合するサントリーが仕掛けた“ハイボール復活劇”に乗った一面もある。筆者も当時、関係者に何度か話を聞いた。

一連の取材では、「先進国はアルコール度数の高い酒ははやらないが、割って薄めれば度数も下がり、飲みやすさとともに健康を気にする中高年の嗜好にも合う」という話も聞いた。以来10年たつが、健康意識は世代を超えてきた。

最近目立つのが、外食で「がっつり食べる背徳感」を、無意識のうちに調整する消費者が増えたことだ。これも女性に目立つ。例えば、ファミレスで200グラムを超えるステーキを注文(完食)する女性客の中には、ライスやパンを注文しない人がいるという。

料理やサラダバーが食べ放題の別のチェーン店では、たっぷりの量を盛り合わせるが、「野菜をこれだけとったので免罪符」と思う人が多いそうだ。その意識は、ドリンク選びに炭酸水の入ったハイボールを選ぶのにも共通している。いわば「背徳感の打ち消し」だ。

次ページ100年ブランド最大の“モテ期”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT