武漢に心当たりある彼女が窓口で受けた仕打ち

1月30日の発熱から今も体の調子が良くない

日本は中国のようには公共施設や娯楽施設を封鎖したり、人々の外出を禁止することは簡単ではないだろう。せいぜい不要不急の外出を「呼びかける」程度だ。検査体制が感染の可能性がある人を十分にはカバーできず、移動の範囲を各個人や企業の裁量に委ねる状態では、ウイルスは野放しに近い。

地方農家にも新型コロナの不安は広がる

福岡県で農業を営む男性(45歳)は、肥料の営業のため来週、和歌山県有田市に出張する予定だ。有田みかんの生産地として有名な同市だが、今は隣町の済生会有田病院で新型肺炎が広がり、大わらわとなっている。

画像をクリックするとコロナウイルスに関連する記事の一覧にジャンプします

客先から「こんな時期だから来なくてもいいよ」と言われた男性は、子どもにも和歌山出張を反対され、悩んでいる。「厚労省は重症急性呼吸器症候群(SARS)のようにならないと言ってましたが、あれは何だったんでしょうか。日本は東日本大震災での福島の原発事故の『想定外』から何も学んでいない。今回は原発事故と違い、準備する時間もあったのに」。

男性は憤りながら、「地域の人たちは何も悪くないのに……」とつぶやいた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。