最後のセンター試験で各大学の志願者数に明暗

東大や京大など難関国立大も志願者数は減少

さらに、教育学部に限れば、昨年は教員同士のいじめが報じられ、部活動や休日出勤など時間外勤務が常態化した労働環境が問題視されていることも志願状況に響いたと思われる。

前年比92%と文系の人気の陰りもみられた。その要因を石原さんは次のように分析する。

「今年で東京オリンピック・パラリンピックが終わる。以降は経済の見通しが暗くなると思われて経済学部は人気が落ちています。経営・商、国際系の人気は、今年は落ち着いたとみられます」

これに対し、前年比99%とほぼ横ばいで堅調なのは理工系だ。人気の筆頭はAIやデータサイエンス、IoTなどの情報系。成長分野に受験生が集まったといえそうだ。

(左)国公立・日程別志願者数/国公立大・学部系統別志願状況(図:AERA.dot/週刊朝日2020年2月21日号より)

難関国立大は、ほとんどの大学で志願者数が減少

次に、個別の大学の志願状況をみていこう。まずは、東大、京大、旧帝大などの難関国立大から。志願者数は、ほとんどの大学で減少していた。

「受験生は来年への不安感が募り、難関大を敬遠して弱気含みの出願になったと思われます」(石原さん)

難関国立大志願者数(図:AERA.dot/週刊朝日2020年2月21日号より)
次ページ人気が高まった東北大は、受験生が回避し志願者数減
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT