英ボーダフォン、スペインCATV買収で合意

買収額は1兆円超

3月17日、英ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ会社から72億ユーロで買収することで合意したと明らかにした。写真はボーダフォンのロゴ。ロンドンで昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 17日 ロイター] -英通信大手ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ(PE)会社から72億ユーロ(100億3000万ドル)で買収することで合意したと明らかにした。

ボーダフォンによると、コストと資本支出に対する合併効果(事業統合費用除く)は、合併後4年間で約2億4000万ユーロに達する見通しだ。

同社は自社ネットワークの整備と欧州事業の強化に努めており、欧州の固定ブロードバンド会社の買収はこの2年間でオノが3社目となる。

オノは固定・携帯電話、テレビやインターネット事業を展開しており、顧客数は190万人。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。