英ボーダフォン、スペインCATV買収で合意

買収額は1兆円超

3月17日、英ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ会社から72億ユーロで買収することで合意したと明らかにした。写真はボーダフォンのロゴ。ロンドンで昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 17日 ロイター] -英通信大手ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ(PE)会社から72億ユーロ(100億3000万ドル)で買収することで合意したと明らかにした。

ボーダフォンによると、コストと資本支出に対する合併効果(事業統合費用除く)は、合併後4年間で約2億4000万ユーロに達する見通しだ。

同社は自社ネットワークの整備と欧州事業の強化に努めており、欧州の固定ブロードバンド会社の買収はこの2年間でオノが3社目となる。

オノは固定・携帯電話、テレビやインターネット事業を展開しており、顧客数は190万人。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。