「3歳までに1万回読み聞かせ」をした母の覚悟

東大理Ⅲに4人合格!誰でもできる幼児教育

例えば、顧客に「これをして」と言われたとき、「ちょっと待って」とか「疲れているので、明日」と言ったら、もう二度とあなたの会社には来ないでしょう。疲れていてもするのが当たり前だし、時間がきたのに待たせることはしないですよね。

育児を1つの仕事だと考えると、甘えが出なくなります。家の中では、物事が少しくらい遅れようが、会社とは違って誰からも非難されないので、ついその状況に甘えてしまうのですね。自分はお母さんだから、「ちょっと待って」と言ってもまた子どもは来るだろうと思うのです。

でも、それは会社が顧客の信頼を失うのと同じで、子どものお母さんに対する信頼も薄れていきます。「10冊読んであげるよ」と言ったときには、子どもとの約束を守り、必ず10冊読んでください。それは、お母さんの〈仕事〉なのですから、当然のことです。賢い子どもに育てようと思ったら、仕事と同じで手を抜いてはいけません。無理のない範囲で、数や時間のノルマを決めて、しっかりと達成してください。

初めての子どものときは、母親も父親も初心者なので、赤ちゃんにどのように接したらいいのか戸惑うことが多いものです。

私も長男のときは、1日の過ごし方がわからずに、生後半年くらいまでは毎日右往左往していて、夜寝るときには今日は私と子どもにとって、いい過ごし方をできたのかなと、迷い、不安、後悔、反省のような気持ちが頭の中をぐるぐる回っていることがありました。

でも、童謡を歌い、絵本を読むようになって、食べて寝てお風呂に入ってという日常生活レベルだけではなくて、1日をちょっと前向きに過ごせたと感じられるようになりました。夜寝るときに、今日も1日、絵本と童謡のノルマは果たせたと思うと、何だか心安らかに寝られるようになりましたね。

子どもの世話が大変で、それを仕事と割り切っても、やはり大人として、前向きに生きたと思いたいのだな、と実感しました。

それに絵本はハッピーエンドが多いため、育児と家事で疲れてイライラするお母さんの気持ちを落ち着かせてくれる、かなり便利なアイテムだと思います。

自分だけがつらいと思わない

働きながら子育てをしているお母さんは、忙しくて疲れると思いますが、専業主婦も育児と家事などが忙しくて疲れています。どちらが疲れているかなどという不毛な比較はやめましょう。

子育てに〈比較〉は禁物です。比べ始めたらキリがありません。人間は自分が一番大変だと思いたいものらしいです。でも、他人のことは何もわかりません。自分の生活だけをしっかり見据えて、自分の時間をコントロールするしかありません。絵本や童謡を、と思ったら、やはり、子どものために、ひたすら読んで歌うのです。

外で働いていると、お母さんは帰宅したら少しゆっくりしたいかもしれません。まず、着替えて、コーヒーかお茶でも飲みながら一息入れたいでしょう。そのコーヒータイムに、絵本の読み聞かせをしたり、童謡を歌ったりしてみてはいかがでしょうか。

子どもが3歳になるまでは、自分のやりたいことをちょっと我慢して、子どもが寝るまでの間に30分でいいから、絵本を読んであげてほしいのです。子どもは、お母さんが読んでくれるのを待っていますよ。

何かやりたいことがあれば、お子さんが寝てからすることにしませんか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT