NY公共図書館で「史上最も借りられた」意外な本

125年におけるトップ10をこのたび発表

貸し出し回数の上位10作品は以下のとおり。

1位 エズラ・ジャック・キーツ『The Snowy Day(邦題:ゆきのひ)』(48万5583回)
2位 ドクター・スース『The Cat in the Hat(邦題:キャット・イン・ザ・ハット』(46万9650回)
3位 ジョージ・オーウェル『1984(邦題:1984年)』(44万1770回)
4位 モーリス・センダック『Where the Wild Things Are(邦題:かいじゅうたちのいるところ)』(43万6016回)
5位 ハーパー・リー『To Kill a Mockingbird(邦題:アラバマ物語)』(42万2912回)
6位 E・B・ホワイト『Charlotte’s Web(邦題:シャーロットのおくりもの)』(33万7948回)
7位 レイ・ブラッドベリ『Fahrenheit 451(邦題:華氏451度)』(31万6404回)
8位 デール・カーネギー『How to Win Friends and Influence People(邦題:人を動かす)』(28万4524回)
9位 J・K・ローリング『Harry Potter and the Sorcerer’s Stone(邦題:ハリー・ポッターと賢者の石)』(23万1022回)
10位 エリック・カール『The Very Hungry Caterpillar(邦題:はらぺこあおむし)』(18万9550回)

(執筆:Concepción de León、翻訳:中丸碧)

(C)2020 The New York Times News Services 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT