NY公共図書館で「史上最も借りられた」意外な本

125年におけるトップ10をこのたび発表

ニューヨーク公共図書館で借りられた回数が最も多い本とは(写真:shotsstudio/iStock)

ニューヨーク公共図書館に所蔵されている本は、125年にわたってニューヨーク市内の家庭で読まれてきた。国内最大規模の図書館システムを持つ同図書館はこのたび、過去最も貸し出された10冊を調査、発表した。

1位の貸し出し回数は48万回以上

予想どおりかもしれないが、半分以上は子供や若い読者向けの本だ。1位はエズラ・ジャック・キーツの『The Snowy Day(邦題:ゆきのひ)』で、貸し出し回数は48万5583回。初めてアフリカ系アメリカ人の少年を主人公にした絵本の1つだ。

2位は、ドクター・スースの『The Cat in the Hat(邦題:キャット・イン・ザ・ハット)』(46万9650回)だった。

そのほかには、モーリス・センダックの『Where the Wild Things Are(邦題:かいじゅうたちのいるところ)』(43万6016回)、E・B・ホワイトの『Charlotte’s Web(邦題:シャーロットのおくりもの)』(33万7948回)、J・K・ローリングの『Harry Potter and the Sorcerer’s Stone(邦題:ハリー・ポッターと賢者の石)』(23万1022回)、エリック・カールの『The Very Hungry Caterpillar(邦題:はらぺこあおむし)』(18万9550回)などがランクインした。

司書やアナリストらが半年以上かけて膨大な蔵書を調査し、ランキングを作成。電子書籍や外国語版を含むすべての形式を対象とした。

「少しばかりの芸術から科学まで要した」と、同図書館の書籍購入業務を担当し、リスト作成チームを率いたアンドリュー・メドラーは言う。

次ページ貸し出してきた年数が長いほうが有利なのに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT