中国、1~2年以内に預金金利自由化へ

中国人民銀行・周総裁が全人代で表明

3月11日、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で記者会見を開き、預金金利は今後1─2年以内に自由化されるだろうと述べた。昨年3月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 11日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は11日、開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で記者会見を開き、預金金利は今後1─2年以内に自由化されるだろうと述べた。

周総裁は「預金金利の自由化はわれわれの計画にある。個人的には1、2年以内に実現する可能性が非常に高いと考えている」と述べた。

人民銀は既に昨年、銀行の貸出金利の下限規制を撤廃している。

1時間以上続いた会見で、周総裁は金融改革を迅速に実施し、人民元の資本勘定による自由交換を段階的に実現する方針を再度表明したが、予想外の発言はほとんどなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT