中国、1~2年以内に預金金利自由化へ

中国人民銀行・周総裁が全人代で表明

3月11日、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で記者会見を開き、預金金利は今後1─2年以内に自由化されるだろうと述べた。昨年3月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 11日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は11日、開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で記者会見を開き、預金金利は今後1─2年以内に自由化されるだろうと述べた。

周総裁は「預金金利の自由化はわれわれの計画にある。個人的には1、2年以内に実現する可能性が非常に高いと考えている」と述べた。

人民銀は既に昨年、銀行の貸出金利の下限規制を撤廃している。

1時間以上続いた会見で、周総裁は金融改革を迅速に実施し、人民元の資本勘定による自由交換を段階的に実現する方針を再度表明したが、予想外の発言はほとんどなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。