奨学金に「苦しむ人・苦しまない人」の圧倒的差

悪い例だけを鵜呑みにしてはいけない

──確かに、奨学金は卒業後の就職とも関わってきますね。

そうですね。だからこそ、「将来設計」と奨学金の組み合わせを事前に親子で考えるべき。「卒業後に返す」というシステムに対し、進路が適切かどうかを見てほしいんです。

大卒だから「就職は安心」と言えない時代

──将来設計と奨学金の組み合わせですね。

あともうひとつ、お子さんが大学に進学した場合も、奨学金の考え方に注意点があります。

お子さんが大学に進学した場合、奨学金の考え方に注意点があります(写真:OCEANS編集部)

──大学でも注意点……。何ですか?

ひと昔前は、大学への進学者は少数でした。例えば、今40歳の方が18歳の頃は、大学への現役進学率は全体の27.4%。しかし、2019年は49.8%と、倍近くまで増えています。大学に行く人が珍しくなくなったわけです。

──大学への進学者が増えると、奨学金に注意が必要なんですか?

はい。ここも「就職」がポイントです。昔は大学を卒業していれば「就職もしやすい」と考えられたでしょう。待遇面でも高卒よりも大卒のほうがよく、ある意味将来の保証があった時代であったといえます。しかし今は、大学卒業が珍しくない。つまり、そこまで就職には有利にならない。すると、奨学金を払って大学を出たものの、就職に失敗して返済に苦しむケースが出てくるわけです。

──そういうことですか。

親世代が持つ「大卒」のイメージと現状では、大きな差があるんですね。少子化の一方で大学は増え続けて、非常に入りやすくなりました。いまや大卒は珍しくない。親御さんがそのギャップを知らず、失敗するケースがあります。

──なるほど。

なので、将来設計と現代の進学状況を知ること。そのうえで、卒業後にきちんと返済できるか考えて利用するのが奨学金のポイントですね。そのためには、お子さんが進路を選択する段階から、親御さんが細かくコミュニケーションをとらなければなりません。

──子どもがひとりで考えるのは難しいですもんね……。

そうですね。返済に苦しむ人がいることは事実ですが、うまく活用している方がたくさんいることも事実です。日本の奨学金は学生ローンと批判され、注意点はあるものの、必ずしも悪いものではないと思います。

──そうなんですか?

2017年度の奨学金の返還率は97.4%で延滞率は2.6%です。もちろん、返済負担は決して楽なものではないでしょうが、日本人の真面目さゆえか、多くの人がきちんと返済しています。

次ページ奨学金の利用者も昔と比べてかなり増えている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT