「ハスラー」「タフト」がライバルといえない理由 異なる狙いで開発されたそれぞれの特徴とは

印刷
A
A

小型で軽量の軽自動車であれば、ガラスルーフの走りへの影響が大きいのは、当然のことだ。タフトがガラスルーフを標準装備するかは「未定」(ダイハツ関係者)というが、広報資料でもガラスルーフを強調しているところを見ると、オプションなどなんらかの形で装着できるのだろう。やはりタフトは、オシャレでファッショナブルな商品なのだ。

またダイハツ関係者は、ファミリー向けのハスラーに対して、「タフトは前席に乗る人(1人、または2人)を重視したクルマ」(同)と打ち明ける。つまり、ダイハツはタフトを“ハスラーのガチンコライバル”とは見ていないのだ。

テリオスキッドのような新型車を開発中か?

それよりも、ダイハツにとってタフトとは、トヨタグループ内でのクロスオーバーSUVラインアップのポジショニングのほうが重要なのではないだろうか。

Cセグメント(中型車)のトヨタ新型「RAV4」、Bセグメント(小型車)のトヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」、そしてAセグメント(軽)のタフトとトヨタ向け兄弟車というポートフォリオである。こうした縦のラインの重要度が、ハスラーのような他社の個別モデルへの対応よりも上位にあるのだと思う。 

「テリオスキッド」はダイハツが1998~2012年に生産していた軽自動車SUV(写真:ダイハツ)

そうなると、気になるのが“ジムニー寄り”の軽SUVの存在だ。これについて、筆者も各種執筆している自動車専門雑誌『ベストカー』では、2020年1月上旬に独自スクープとして、2021年12月に「テリオスキッド」のようなFR四駆の登場を予測している。

時期や技術的な構成の真偽はともかく、現時点でタフトの商品性を見る限り、この話は十分にありうるだろう。さらには、ホンダ「Nシリーズ」の派生車がハスラーやタフトの対抗馬となることも当然、考えられる。2020年代前半は、軽クロスオーバーSUV戦国時代になりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT