「新型タント」に乗って感じたN-BOXとの違い

走りや乗り心地にどのような特徴があるのか

千葉県内で実施された新型タントのメディア試乗会の様子(筆者撮影)

第4世代になって、タントはどう進化したのか――。

歴代タントを乗り継ぎ、さらに現在は第2世代ホンダN-BOXのオーナーである筆者としては、新型タントのメディア試乗会を楽しみにしていた。今回は新型タントに試乗した感想を包み隠さず本音で紹介する。

想定内だった仕上がり具合

「思ったとおりだ」

ターボ車であるカスタムRS、次にノンターボのXに乗って、そう感じた。

新型タントの最大の売りは、走りの進化だ。言い換えれば、先代の最大の欠点は走りだった。タントは初代、2代目、そして3代目と進化するたびに、走りの物足りなさが浮き彫りになっていた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そもそもタントが爆発的に売り上げを伸ばした理由は、軽において「スーパーハイト」という新分野を切り開いたこと、さらにミラクルオープンドアによる革新的なパッケージングだった。軽自動車のみならず、クルマの常識を覆すほどの強烈なインパクトがあった。こうしたタントの歴史を、筆者はオーナーとして直に感じてきた。

だが、ホンダN-BOXが登場するとスーパーハイト系軽での勢力図は一変した。注目点は、走りのよさである。

自動車専門の雑誌やウェブサイトでは、タント、N-BOX、スズキスペーシア、三菱eKワゴンとその兄弟車である日産デイズルークスの試乗比較を掲載すると、ほとんどのケースで走りではN-BOXひとり勝ちという結果となった。N-BOXが2代目に進化すると、ライバルたちとの走りの差はさらに大きくなった。

次ページ両車の差はあくまで“縮まった”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT