医者があえて「抗インフル薬」を処方しない理由

治療薬がほしい患者は、納得がいかない

冬季の街中には風邪やインフルエンザ予防を意図してか、マスク姿の人が増える(写真:Tsuji/iStock)
インフルエンザが猛威を振るっている。「インフルエンザにかかったら抗インフル薬を」はすっかり一般的になった。だが、医師によると、インフルエンザにかかっても、抗インフル薬は「健康な人なら不要」だという。AERA 2020年1月20日号から。

抗インフル薬は不要?

医師や患者はどうみるのか。

千葉県南部の基幹病院として急性期の高度医療を提供する亀田総合病院では、ゾフルーザを採用していない。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

感染症科部長の細川直登医師(53)は、そもそも健康な人がインフルエンザに感染しても、抗ウイルス薬は不要だと考えているという。「高齢の方や子ども、基礎疾患のある人でなければ、自然に治る病気」(細川医師)だからだ。

ただし、これは個別の薬剤の評価の前の議論で、ゾフルーザ自体を評価していないわけではない。亀田総合病院では採用を見送ったものの、ゾフルーザがこれまでにない作用機序を持っている点について、細川医師はむしろ高く評価している。

「タミフルやリレンザに耐性を持つインフルエンザがはやったときに、重症化しやすい患者の命を助ける切り札になる可能性があります」(同)

次ページ耐性化してしまうのが問題
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT