大塚明夫「声優を夢見る若者が陥りがちな失敗」

努力せずちやほやされたいだけじゃないか?

彼のように、ちやほやされる手段として声優という道を選んでいる人はほかにもたくさんいるはずです。でも皆それを明らかにはしない。多くの人は、「自分はキャーキャー言われたいなんて低レベルな望みは持っていない、役者をやりたいという気持ちでこの世界に来ているんだ」と思い込んでいるので、中途半端に「役者でござい」という振る舞いをしているのです。

そうすればマネージャーだって「そうか芝居がしたいのか。ならこのあたりから始めてもらおう。演技の勉強もしてもらおう」と思います。結果望ましい仕事がこない、演技についてあれこれ言われる、そしてフラストレーションがたまる……その繰り返しです。

ちょっとやそっと声をけなされただけでめげてしまうような人なども、そもそも演技を商売にすること自体をそれほど望んでいないのでしょう。しかし、そういう人のほうが何故か声優を志望しやすいようです。

『声優魂』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

勘違いされがちですが、“アイドル”的な声優としての道も、決して手間や努力のいらない世界ではありません。そういう目標を持っている声優なら、事務所側もそう心得て動かなければいけないのです。

しかし、そういうルートに対しても、自分の欲求が見極められていない人は「私はちゃんとした役者だからそんなことはしたくありません」なんて言ってしまう。じゃあどれだけ芝居するつもりがあるの、と聞くと「声優だからそこまで難しい芝居はできません」「仕事があるかどうかもわからないのにトレーニングなんて……」という反応が返ってくる。

そのような人がいちばん強く望んでいるのは、実は「努力せずキャーキャー言われること」なのです。

「自分が強く望む生き方」をしなさい

繰り返しますが、どんな望みもあっていいのです。「努力せずちやほやされたい」と思うのならそれでいい。それをまっとうできる道に進むべきです。しかしそれはどう考えても「声優」ではない。こんな険しい道を選んでもつらくなるだけです。もっと幸せになれる方法を探したほうがいい。私が言っているのはそれだけの話です。要は、何を掲げるにしろ、それがその人の本当のモチベーションであり、望む生き方ならばいいのです。

昨今では、動画投稿サイトや自主制作ゲームなどで声を使った活動をする人も増えてきました。そういう活動のほうが、もしかしたら手軽に、しかも楽しく人気を集めることができるかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。