冬に起こる「しつこいコリ」解消する4つの動き

正月でなまった体をリセット

体のこわばりを解消する朝できるストレッチを紹介します(写真:Fast&Slow/PIXTA)

お正月ゆっくり休んだにもかかわらず、なぜか疲労感を感じる、あるいは、しつこい肩こりなどに悩まされている……。本稿では、ツイッターフォロワー数15万5000人、解剖学を熟知したストレッチトレーナーで、『生活の質が感動的に上がる なぁさんの1分極伸びストレッチ』著者のなぁさんが、「冬のコリ」を解消するストレッチをご紹介します。

朝起きてすぐできるストレッチ

体のコリや痛みの多くは、「筋肉が硬くなっている」ことが原因です。パソコンでの作業や、スマホの見すぎなどで、長時間にわたって体を動かさないと、筋肉は伸び縮みせず、同じ長さで収縮し続けてしまいます。これにより筋肉が硬くなり、その筋肉に血管が圧迫されることで血流が悪化します。疲労物質となる老廃物などがたまってしまい、コリや痛みといった身体の不調が起こるのです。

冬の寒い時期は、とくに筋肉が硬くなり、血流が悪くなりがち。それが原因で、冷え性や、全身のコリ・疲労感などがでてしまうのです。そんなときに、ストレッチをすることによって、伸ばした筋肉の血流がよくなり、酸素が巡り、老廃物が流れていき、コリや痛みが解消されるというわけです。

今回は、朝起きてすぐ、布団の上で寝たままできるストレッチルーティーンをご紹介します。布団でできるラジオ体操のようなもので、関節の動きをよくしてカラダに血が巡り、朝から動きやすくなりますよ。4ステップで完了です。パジャマを着たままでもOKですよ。寝起きに試してみてください。

① ヒザを抱えて足首を左右に回す。(10秒~20秒)

② ヒザの曲げ伸ばしをする。(10秒~20秒)

次ページストレッチをする際の注意点
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。