冬に起こる「しつこいコリ」解消する4つの動き

正月でなまった体をリセット

体が凝ってきたなと感じる前に、定期的に立ち上がるようにしたり、軽く散歩に出かけたり、お風呂によくつかるなどして、血流をよくする心がけをしましょう。

身体の硬い人ほどやりがちなのですが、よくある大間違いは「きれいな姿勢をとろう」と意識しすぎることです。きれいな姿勢を保とうと意識すると筋肉が硬くなって身体が緊張します。猫背の方や腰痛の方はとくに逆効果ですので、無理に意識しないようにしてくださいね。スキマ時間などでもいいので、ストレッチをしていただくことが最も効果的です。

体は柔らかければいいというわけではない

2つ目は、身体を柔らかくすることにとらわれないということです。柔らかすぎる体にはメリットだけではなく、実はデメリットがあります。まず、柔らかすぎると逆に姿勢が悪くなってしまう場合があります。多くの人は、柔らかすぎる筋肉を安定させるほどの筋力がないので、きれいな姿勢が保てないのです。

『生活の質が感動的に上がる なぁさんの1分極伸びストレッチ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

もう1点は、関節が不安定になり、怪我などが起こる危険性が高まるということです。バレリーナや体操選手をはじめとするプロの方はきちんとトレーニングをしていて、関節を安定させるための筋力がついているから、開脚で180度開くなどの過度な柔軟性があっても問題ないのです。

日常生活を快適に送ることが目的であれば、身体全体を適度に柔らかくすることを意識しましょう。

以上が、日常で気をつけていただきたいポイントです。基本的には「頑張りすぎない」ことを心がけてほしいのです。いままで多くのお客様をみてきて、初めに気合を入れる人ほど続かない傾向にあります。とにかく気が向いたときや、時間があるときにストレッチしようかな、くらいの感覚でかまいません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。