冬に起こる「しつこいコリ」解消する4つの動き

正月でなまった体をリセット

③ 身体をひねり、反対側へ腕を広げる。(10秒~20秒)

 

 

④ 起き上がって背筋を伸ばし後ろに手をついて首を反らせる。(10秒~20秒)

痛みを感じるまでやってはダメ

朝起きたときにラクにできるストレッチルーティーンをご紹介しました。ぜひ実践してみていただきたいのですが、注意点が1つあります。

それは、「痛みを感じるまではやらないでいただきたい」ということです。痛みを感じるまでやってしまうと筋肉や靭帯を傷めるなど、単純に怪我をしてしまうので控えていただきたいのですが、理由はそれだけではありません。

痛みがあるときは、交感神経が優位になり、身体も緊張し筋肉を硬直させます。筋肉が硬直するということは、血流も悪くさせ、身体に老廃物をためる原因に。また、伸張反射が起こりやすくなり、身体が縮もう縮もうとします。身体は思うように伸びず、そうするとストレッチの効果自体が半減してしまいます。

ですからストレッチをする際には、筋肉に張りを感じ、痛いと感じる手前のところまでで抑えておくのが重要ですよ。とくに朝は身体が動きづらいので、注意が必要です。ぜひこのルールは覚えておいてくださいね。

ストレッチをしていないときに、日常で疲れを溜めないための秘訣を2つ、お教えします。1つは「同じ姿勢を長時間続けない」ことです。とにかく普段、「同じ姿勢を続けない」ということを意識して、よく動くようにしてください。座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢を続けることは筋肉を硬直させ、血流を悪くさせる原因になります。

次ページ体が凝ってきたな、と感じたら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。