JRの安全支える名裏方、キヤ・クモルって何だ?

JR西の在来線で活躍、走る姿がレアな車両

キヤ141系の役割は、軌道関係や信号通信関係の検査・測定である。具体的には、軌道関係では線路のゆがみや高低差、信号通信関係では信号や踏切の状態を調べ、不具合が見つかればその場所や内容を記録。担当部署に連絡し、必要な補修を行うというものだ。ドクターイエローと同じく、線路などの“お医者さん”的存在で、ステンレスの車体に配された黄色もドクターイエローを思わせる。ちなみに、キヤ141系には"ドクターWEST"という愛称がある。

車内に入ると、まず目に飛び込んできたのは大きな発電機だ。キヤ141系はディーゼルエンジンで走行するのに加え、さまざまな計測機器を動作させるための電気も自前でまかなえ、電化・非電化を問わず検測することができる。その対象エリアはJR西日本全域にとどまらず、JR四国やJR九州、さらに京都丹後鉄道や若桜鉄道といった第三セクター鉄道などにも及ぶ。

九州や四国へ”出張”も

発電機室の隣には、軌道関係の測定室があった。いくつものモニターが並ぶ室内は、工場の制御室のよう。専用の台車や測定機器で計測したデータをここで収集・分析し、保線作業につなげる。隣の車両にも測定室があり、こちらは信号通信関係の測定を行っている。

九州や四国へ“出張”する際は、数日間にわたってスタッフが車内で過ごすため、車両の一角には仮眠用のベッドを備えた休憩室やトイレ、大きめの洗面台もあった。まさに、車両内が1つの職場である。

次ページ 修理部品を運んだ「クモル」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。