ゲームはこれからも、最強のエンタメか?

ゲーム産業の今後(その3)

スキマ時間エンタメにこだわりたい

小林:僕も、おっしゃるとおりだと思っています。コアユーザーとライトユーザーというのは、全然違うと思っています。コアユーザーは永遠に「コールオブデューティー」と「GTA」しかやらないかというと、絶対そんなことはありません。普通に「キャンディクラッシュ」もやるし「パズドラ」もやるし、「モバゲー」もやります。

ただ、気分が違うみたいです。何の違いかというと、たばこを吸っていたり、電車に乗っていたりするので、片手でやれたほうがいいな、といった気分です。これまでは、その気分に合ったエンタメの選択肢があまりなかったと思うんですよ。5年前は、フィーチャーフォンでやたら老若男女がテトリスをやっていました。そんなにテトリスが面白いわけではなく、ほかに選択肢がないからです。

選択肢を増やすには、業界が発展しなくてはいけません。金がまわる、人がまわる仕組みが必要です。そこで、暇つぶしにいっぱい選択肢があると言って、人がばーっと来て、業界ができていく中で、新しいエンタメができたわけです。スキマ時間でちょっとやってちょっと帰るという気持ちでやることに、僕はこだわり続けたいと思っています。

辻本:メディアはそういうふうに対抗軸作るのが好きですが、僕は「ソーシャル対コンソール」と思っているわけではありません。ただし、お互いゲームメーカーなので、各々のところで戦っていかなければいけないと思います。僕はぜひとも、グリー、DeNAにも、今の経験を生かしてもらって、みんなでゲーム業界を盛り上げていきたいと思います。

小野:最後に、4名それぞれから、ゲーム産業の今後というテーマで、自社の考え方も含めて、一言ずつ締めの言葉をお願いします。

青柳:ゲーム業界を盛り上げていこうという気持ちは、みなさんと一致しているところだと思っています。各社、特にDeNAとグリーは、アプローチが昔は似ていて、比べられることが多かったんですが、最近変わってきたなと思っています。

どちらがどうなっているかは、また1年後、半年後ここで会ってみて話すと面白いかなと思います。ユーザー規模がグローバルで広がっていく局面にもかかわらず、悲観的な話が多いので、巻き返していかないといけないと思っています。ぜひもっとゲームに注目が当たるように頑張るぞという決意をもって、明日からも頑張りたいと思います。ありがとうございました。

次ページ右肩下がり産業は悲惨
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT