フェイスブックが悩む、モバイル化のジレンマ

日本のモバイル体験にヒントあり

 本連載は、GAFAに関するトピックを毎週1つないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回ピックアップする企業は、フェイスブックだ。世界最大のSNSは先週、1つのマイルストーンを迎えている。モバイル化と新たなモバイル化に対処している真っ最中だ。
スマートフォンからの活用が全体の成長を上回っているフェイスブック。先進国のスマートフォン化とは違う、途上国でのフィーチャーフォン対応も、一定の成果が上がってきている。

モバイルアプリのマイルストーン  

フェイスブックアプリはスマートフォンを利用する上で必須のアプリの1つとして、ホーム画面のよい席を確保している。7月21日にフェイスブックが発表したのは我々がスマートフォンで利用しているアプリの話ではなかった。同社のフィーチャーフォン向けモバイルアプリが月間で1億ユーザーに達したという発表だ(プレスリリースはこちら)。 

2008年にアップルが公開したApp Storeでも、最初の500本のうちの1アプリとして提供されており、年間で最もダウンロードされたアプリにもなった。米国でも、カフェやレストラン、交通機関の中でフェイスブックをスマートフォンから利用する人々を簡単に見つけることができるのは、日本の光景と同じといえる。こうしたシーンを、新興国へ広げる努力をしている。  

2013年第2四半期の決済発表は今週行われるが、前回の発表資料によると、月間のアクティブユーザー数は11億1000万人、モバイルでの月間アクティブユーザーは7億5100万人。それぞれ年間で23%、54%の伸びを記録していることから、モバイルからの利用が伸びていることが分かる。  

PCでスタートしたフェイスブックは、我々が普段そうしている通り、モバイルが主戦場となっているのだ。

次ページ新興国は今もテキスト中心
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。