箱根駅伝、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由

「ユニフォームと靴の違い」に出る選手の信念

5つ目の理由は「練習用の廉価版が登場した」ことです。

トレーニングで使える「練習用」が登場した

【理由5】練習用の廉価版が登場した

ナイキのすさまじいところは、本番のレースからトレーニングまで、すべてを総取りしてしまったところです。

2019年7月に、「ヴェイパー」の廉価版で「ズームフライ3」という靴が登場しました。これは「ヴェイパー」と形状的にはほぼ同じですが、長い距離を走れるもので、値段は半額です。

実は、初代の「ヴェイパー」には、軽さを追求したがゆえに200~300km走るとへたってしまうという弱点がありました。高価な靴を、そう何足も潰して練習するわけにもいかない……そこに廉価版の「ズームフライ」が出て、感覚は変わらないままで、思う存分練習できるようになりました。

選手は、箱根駅伝に出るなら練習で30kmぐらいは走らなければなりません。でも、「本当は速いスピードで短い距離を走りたい」という選手が多くて、だらだら長い距離を走るのはイヤなものなんです。

ところが、「ズームフライ」を履くとラクに楽しく走れて、練習が快適に変わってしまう。クッション性も悪くないし、疲労も残りませんから、トレーニングとして最適です。しかも、いざ本番用の「ヴェイパー」に履き替えると「あっ、軽い!」となって、同じリズムのまま、さらに走れるわけです。

僕自身、一市民ランナーの感覚で言うと、市民ランナーにとっては、iPodが誕生したときぐらいの革命でした。長い距離を意味なく走るのはつまらないものですが、iPodによって飽きずに走れるようになった人が増えた。そして「ズームフライ」によって、長く走ることがそうきつく思わなくなったんです。

やっぱりここが「ナイキの本心」ですよ。靴を通して「走るって楽しいですよね!」というメッセージがある。『SHOE DOG(シュードッグ)』に描かれていましたが、もともとは、カリスマコーチのビル・バウワーマンとその教え子のフィル・ナイトが立ち上げた会社。スタートはランナーですからね。

「ヴェイパー」の進化とともに、ほかのメーカーもどんどん新しい靴を世の中に送り出しています。今後もランニングシューズはさらなる進化を遂げてゆくはずです。

次ページ大学が「箱根強化」に乗り出す理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT