新型スカイラインが背負う日産ブランドの復権

やる気を感じた大がかりなマイナーチェンジ

2019年9月に発売された日産自動車の新型スカイライン(写真:日産自動車)
2019年9月、日産自動車は大がかりなマイナーチェンジを施した新型スカイラインを発売した。世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載するなど、発表後は多くの話題を呼んだ。『間違いだらけのクルマ選び』は、この新型スカイラインをどう見るか。著者・島下泰久氏が最新版『2020年版 間違いだらけのクルマ選び』につづったスカイライン評をお読みいただきたい。

正直、日産自動車の経営陣にとって、日本市場におけるスカイラインは、もはや必ずしも大事な存在ではなくなっているんだろうと思っていた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

グローバルではプレミアムブランドであるインフィニティの一員、Q50でありながら、日本でそれに日産のマークを付けるのは許されないからと、国内では誰にも馴染みのないインフィニティのマークを平気で付け、エンジンはダイムラーから供給された2Lターボを使い、インフィニティでは用意していたパワフルなV型6気筒ターボエンジンも導入しない。

結果としてグローバルカーとなったクルマをこれまで育ててきた日本のユーザーはナメられたものだと感じたし、開発陣の“スカイライン”への思い入れも蔑ろで、ある意味ではこのところの日産の象徴ではあるなと、寂しい気持ちにさせられていたのだ。

それだけに今回の大がかりなマイナーチェンジは嬉しい驚きだった。まだやる気、あったとは。

一定の条件下で手放し運転が可能に

まずデザインは、ほかの日産車にも共通のV字型グリルを持ったフロントマスク、丸テールなどを採用した専用のものになった。とってつけた感じはなくはないが、出自不明よりははるかにいい。

先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載し、一定条件下で手放しでの運転が可能に(写真:日産自動車)

中身にはさらに力が入っている。その中でも一番の話題と言えば、高速道路で設定したルートに従って複数車線を使い、つまり追い越しや分岐まで含めて出口まで走行を支援し、さらには同一車線内でのハンズオフ、つまり手放しでの運転をも可能とする最先端の運転支援技術、プロパイロット2.0のハイブリッドモデル全車への標準搭載だろう。

手放し可能とは言っても、自動運転レベル3ではなく、あくまで運転の責任はすべてドライバーが負うレベル2。つまりドライバーは前方を常に注視し、何かあればすぐさま自分でステアリングを操作しなければならない。そのためステアリングホイールセンサーやドライバーの顔向きを検知するカメラなどが備わっている。

次ページ手放しの状態での運転感覚は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。