ホークス一筋15年だった仕事人が送る快活人生

城所龍磨、2019年から球団職員として再始動

球団からオファーがあったときも迷いはなかった。

城所は自分の決断に迷いはなかった。TBSテレビ『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち』は12月30日夜10時から放送(写真:TBSテレビ)

「NPB以外でプレイヤーとして続ける選択肢もありました。もちろんまだ野球はやりたかったので。よく“やめるのはいつでもできる”と言われますし。でも、僕はプロ野球選手になって、指導者になるのが夢だった。それだったら少しでも早いほうがいいと思いました」

プロ野球選手が将来の夢だと語る子どもたちは多い。幼いころの城所少年は、プロ野球選手を夢見つつ、その先のセカンドキャリアまでを確かに見据えていた。「子どもは好きですね」と語る城所にとって、少年野球の指導者は天職なのかもしれない。

娘たちに対する思い

2人の娘の父でもある城所。

昨年放送の『プロ野球戦力外通告』では、城所が当時6歳の長女・杏璃(あんり)ちゃんに引退を報告するシーンが印象的だった。

プロ野球選手ではなくなった今の仕事も、城所は娘たちに説明しているという。

「夜家にいないので、“パパはいつ帰ってくるの?”ってけっこう言われますね。野球教室でユニフォームを着ることもあるので、ユニフォーム姿はまだ見せられています」

プロ野球選手としての姿を見せることはできなくなってしまった。それでも、野球に携わる仕事を続けることで、いまだにユニフォーム姿を見せることができている。草野球に出場する時には、家族が試合を観戦しに来ることもあるそうだ。

一方で城所も、娘のお稽古事の発表会には頻繁に足を運ぶという。

「杏璃はダンスをやっていて、観にいったりしています。次女の花恋(かれん)はまだ3歳なので(ダンススクールに)入れないけど、そのうち入るんじゃないですかね。家でも踊っているので(笑)」

親として、城所は娘たちに対する思いをこう語る。

「好きなことをやってくれればいいです。とにかく、やりたいことをやってほしい。親が子どもを支配しているわけではないので」

「やらせる」のではなく、やりたいことを「やってほしい」。決して強制しない。

それは、ホークスジュニアアカデミーで野球を教えている子どもたちに対する思いとも共通している。城所が子どもたちに求めているのは、「自分の意思を出すこと」だという。

「人に言われたからやるのではなくて、“こう考えてやっています”というのを見せてほしい。そうすると、“もっとこうしていい”と僕も言える。向かっている目標があればこちらも伝えやすいですし、漠然とやらないでほしいですね」

指導者となった城所は、自らの引き出しを広げることを大事にしている。教え方のバリエーションを増やすことで、全員をうまくしてあげるための指導ができると。そのためにも、まずは教える城所自身が勉強中だそうだ。

「プロで培った感覚も大事ですけど、それが当てはまる子が何人いるかわからないですよね。僕がうまくさせられる子だけうまくするのでは意味がない。全員のうまくなるところを引き出してあげないと」

次ページホークスの後輩たちへの熱い思い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT