トヨタ「ヤリス」が変えたコンパクトカーの基準

先進技術がてんこ盛り、走りもハイレベル

乗り心地については断定的なことは言えないが、サスペンションは当たりが柔らかく、よく動いている。しっとりとか、もっちりとか、そういう言葉を使いたくなるほど目は詰まっていないが、その分、軽やかさが際立っている。

新型ヤリスの車内(写真:トヨタ自動車)

ハイブリッドは小型軽量化を徹底する一方で、モーター出力を約30%拡大。バッテリーはリチウムイオン化している。実際、最高130㎞/hまでエンジンを始動せずに到達できるという。

確かに、EV走行領域は驚くほど広いし、何よりアクセルのオン・オフに対するトルクの出方が自然で、こちらも非常にドライブしやすかった。まだ数字は明らかではないが、燃費も相当なレベルにあるというから、さてアクアの立場は? と思ってしまった(編集部注:のちに燃費はWLTCモードで36.0km/Lと発表された)。

楽しさを感じた1.5Lの6速MT仕様

意外に楽しかったのが1.5Lの6速MT仕様。回転上昇には自然吸気ならではのドラマがあるし、シフトフィールも上々。ついホットハッチと呼びたくなる。そして1.0Lも車体に余裕がある分、キビキビとよく走ってくれた。法人需要、レンタカーなどが主な行き先になるというが、これならクルマでの移動が、苦にならないはずだ。

『2020年版 間違いだらけのクルマ選び』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

先進技術もてんこ盛りで、トヨタ・セーフティ・センスにはレーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシストも備わる。更に、操舵だけでなく加減速も制御する高度駐車支援システムも、試したところしっかり実用に適した精度を実現していた。

もちろん、まだ全容がつかめたわけではなく、一般道での試乗もできていないわけだが、しかし新しいこのヤリスが、これまでのトヨタのコンパクトカーとはまったく異なる視座で、まったく異なるゴールを目指して生み出されたことは間違いない。移動のふとした瞬間が気持ちよい、トヨタのというか日本のコンパクトカーの基準を大幅に底上げするクルマの登場と言えそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT