スペック高めの46歳婚活男性がなぜ未婚なのか

親の考え方も「老い」とともに変わってしまう

また、お見合いからデートまで、1度も自分のお財布を開いたことがなかったし、結婚後も男性のお金で生活するのが当然のことだと言われた。

「お見合いやデートの費用を男が払うのは、結婚相談所の暗黙の了解事項なので、しょうがないかとも思っていました。でも、結婚したら共働きなのだから、2人のお金を合わせて家計をやりくりしていくものだと、僕は考えていました。ところが彼女は、自分が働いたお金は自分で自由にする。僕の給料で生活をしていくと言うんです。その提案には面食らいました」

彼女との結婚に戸惑い出していたときに、仲人から連絡が入った。

「『彼女との結婚はやめたほうがよい』と言われました。『彼女の言動が、結婚相談所内で問題になっている』と言うんです。どうも婚約を持ちかけられていたのは、僕だけじゃなかった。指輪もうんと高いものをねだって、買ってもらった後にあれこれ理由をつけて婚約破棄をして、その指輪だけを手に入れるか、もしくは売ってしまおうという魂胆だったんじゃないかな」

仲人からの助言もあり、婚約破棄を隆一から申し出ると、彼女はあっさりとそれを承諾した。そしてその後女性は、結婚相談所からも姿を消していた。

相手方の親の「上から目線」

3人目の破談話も、隆一のほうからだった。

「シフト制で働いている女性でした。ある習い事のインストラクターだったので、土日は忙しい。会うのは、ウイークデーの彼女が休みの日の夜でした。それも、2週間に1回のペースでしか会えなかった。デートはもっぱら彼女の地元の居酒屋さん。昼間どこか一緒に遠出するようなデートもしてみたかったので、『休みの日に合わせて、僕が休みを取るよ』と言ったんですが、休みの日の昼間は自分の時間に使いたかったようです」

とはいえ、LINEを毎日送りコミュニケーションを取るようにしていたので、なんとか婚約までたどり着くことができた。

「それで、彼女のご両親にごあいさつに行くことになったんです。彼女のご実家は、お父さんが都内下町で町工場をやっていた。小さな工場でしたが、一国一城の主。そのせいなのかすべてが上から目線で、何だか話をしていて疲れてしまいました」

隆一は、車の免許を持っていなかった。運転自体が好きではなかったし、車がなくとも、何の不自由も感じることなく生活できていたからだ。免許を持っていないと知ると、彼女の父親が呆れたような口調で言った。

「えっ、今時車の免許を持っていないの? 横浜郊外じゃ田舎だろうし、車がないと不便でしょう?」

田舎と言われたことにカチンときた。横浜郊外と言っても電車の便がよく、横浜駅や都内に出ていくには便利な場所だ。都内の中心地にある職場への通勤にも1時間かかっていない。

3年ほど前、隆一はそこに一戸建てを購入していた。

「えっ? 家を買っちゃってるの? だとすると、身動きできないねぇ。年老いたお母さんと一緒に住んでるって? 結婚したら、お母さんはどうするの? まさか同居ではないよね」

次ページ何でもズケズケと聞く父親
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT