「時短ハラスメント」起きる会社の残念な勘違い

残業しないのは本来当たり前のことなのに…

本来ないはずの義務を背負ってしまわないために

従業員がきちんと憲法、法律、あるいは就業規則に定められた権利を主張しているなら、それを否定はできません。それによって起きる不都合なことを処理するのは、経営者や管理職の仕事であり、従業員に転嫁していいことではないのです。

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

同時に、従業員側も、まじめで謙虚な人ほど、「おまえのせいで周囲が迷惑をこうむっている」という論調でこられると、「自分の責任だ」と考えてしまうかもしれませんが、それははっきり言って誤りです。

自分に何の権利があり、何の責任があるのか把握していないと、言われるがままに、本来ないはずの義務まで背負ってしまうことになりかねませんので、少しでも「そういうものなのだろうか」という疑問が心をよぎったら、調べる癖をつけるといいでしょう。

なお、就業規則や契約書に記載があることでも、法律に反していたりすると、無効になることもありますので、そこまで含めて調べることも必要です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。