「時短ハラスメント」起きる会社の残念な勘違い

残業しないのは本来当たり前のことなのに…

業務の効率化や業務量の見直しをすることなく、ただ残業を禁止したところで、まじめな気質の人は、仕事を途中で放置して帰宅するということもできず、苦しむことになります。

それは当然、「業務の効率化や業務量の見直しをしない」ことに問題があるのです。

時短ハラスメントではなく「超過業務ハラスメント」

「時短ハラスメント」という言葉は、本当のハラスメントの原因をミスリードしてしまうので、私はなるべく使用してほしくないなと思います。

言葉としては「超過業務ハラスメント」か、それに似た意味を持つ言葉を使ってほしいと思います。

次ページ責任の所在を間違えてはいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。